遠山由美 Yumi Tohyama

33の音をかく

 このたび京都で滞在・制作させていただいた。  制作の場所は室町蛸薬師の京都芸術センターなので、そこを中心centerに、33日かけて、毎日ひと筋ずつ東西南北に範囲をひろげ、歩いて周回した。  実際にそこに足を運ぶことで得られる気づき、そのひとつひとつは断片的で、こぼれ落ちてしまいそうに些細なものかもしれないが、そこにみえてきた音を、33の円でかきとめた。  これまでわたしは、言葉を反芻するように作品に向き合うことが多かったが、今回は、言葉になる手前の、作為のない、雑音のようなものを、かたちにとどめようと試みた。  33日間で歩いた距離はおよそ352キロ、直線距離にするとほぼ、東京まで行ったことになる。  

’33の音をかく’ 個展 会場風景

’33の音をかく’ 個展 会場風景

同時代ギャラリー(京都)

2021

photo: Kai Maetani

地図 (京都) : 足でかく

地図 (京都) : 足でかく

gold leaf, sticker, inkjet, paper

A1

2021

1~33日/ 歩行距離合計 352km

大雨のなかに一人、とけて流れゆく 

大雨のなかに一人、とけて流れゆく 

sumi, watercolour, oil pastel, pater on paper

410x310mm

2021

14日目/ 歩行距離 15.2km/ 鴨川左岸

時間と情念の流れおちるところ

時間と情念の流れおちるところ

sumi, collage on paper

283x383mm

2021

3日目/ 歩行距離 8.1km/ 六角堂

梵音:終わりなき道

梵音:終わりなき道

sumi, acrylic, gold leaf, paper, frame

360×260x40mm

2021

33日目/ 歩行距離 14.3km/ 青蓮院親鸞聖人得度の間

音のスケッチ-2 -京都 諸行無常の響

音のスケッチ-2 -京都 諸行無常の響

sumi, gold leaf, paper

760x570mm

2021

’33の音をかく’ 個展 会場風景

’33の音をかく’ 個展 会場風景

同時代ギャラリー(京都)

2021

photo: Kai Maetani

Cosmic Ego / 自我からの解放をめざして

 厳しい自然と、素朴な美しさにあふれた長野県北部で6年を過ごし、自分についていろいろ考え、気づくこともあった。自分のなかの忘れていた部分を思い出したり、歪んていだところを元にもどしたりするプロセスの中で出来たのが、2019年に取り組んだ Cosmic Egoシリーズ。  丸のように見えるものはすべて、eとgとoの文字。egoという言葉を何度も何度も、繰り返しかいている。  太陽のように大きいエゴからゴミみたいに小さいエゴ、独占するエゴ、追従するエゴ、飛び降りるエゴ、笑うエゴ・・・どこまでいってもエゴにぶつかるこの世界を突き抜けるための、儀式的な作品になった。  大型4連の最終作は、コロナ以前にかきはじめたところ、新型コロナウイルスが出てきて、 しばらく制作を中断していた。

Cosmic Ego-4

Cosmic Ego-4

sumi, acrylic, oil, mixed media on canvas

1600x1300mm

2021

Cosmic Ego -square

Cosmic Ego -square

sumi, acrylic, oil, mixed media on canvas

45 x 45 cm

2019

Cosmic Ego- 1, 3

Cosmic Ego- 1, 3

sumi, acrylic, oil, mixed media on canvas

130 x 324 cm

2019

Drawing & Painting

家:家族を孕んで深い呼吸を繰り返す

家:家族を孕んで深い呼吸を繰り返す

acrylic, ink, oil on paper

410x310mm

2019

Strawberry Mama

Strawberry Mama

acrylic on canvas

2017

わたしがわたしであるために

わたしがわたしであるために

acrylic, oil on canvas

14×18 cm

2017

Between You and Me

You / Me – 生成の過程

You / Me – 生成の過程

acrylic on canvas

90×90cm

2018

You / Me – 3

You / Me – 3

acrylic on canvas

53×53cm

2017

イザナミの月

イザナミの月

acrylic on canvas

41×31.8cm

2018

You / Me –

You / Me –

acrylic, clay, mixed media on canvas

27×27cm

2018

羅針盤 / Compass 

 長年拠点とする東京をすこし離れ、じっくり自分に向き合う時間をもとうと、長野県北部に居をもとめた。知り合いもなく不慣れな場所で、月の半分ほど一人暮らしをはじめた。「羅針盤」 は、長野に通いはじめて2年目に入った頃にできた。  東西east/west(白/黒)と南北south/north(白/黒)とかいた言葉が、十文字に組み合わさり、中心から外へ広がり出てくる、もしくは、中心に吸い込まれていくような構図。中心には小さな針の穴があいていて、こちら側とあちら側に、行き来ができるようになっている。  一人きりで、自分の内なる深淵を覗き込んでいると、いつか落ちて戻れなくなるような気がして怖かった。内側の宇宙micro cosmosをさまよっても、帰るところがわかるよう、つくった作品だ。旅人が、夜空を見上げて北を知る星のように、アトリエの片隅にいつもおいてきた。

羅針盤 – 身土不二

羅針盤 – 身土不二

90×90cm

2016

羅針盤 – 霧露のふち

羅針盤 – 霧露のふち

2016

羅針盤 / the compass

羅針盤 / the compass

16×16×8cm

2016

Non-Dual Letter

図と地に言葉を対置して、その間に真理をさぐる試み。

past / future : いま NOW

past / future : いま NOW

silkscreen print ed.33

57×76.5cm

2015

in / out : ここ HERE

in / out : ここ HERE

sumi-ink on paper

65.5×86.5cm

2009

in / out : ここ HERE -black

in / out : ここ HERE -black

silkscreen print ed.33

45.5×57cm

2015

ma / pa : わたくし ME

ma / pa : わたくし ME

sumi-ink on embossed paper

2014

sun / moon : eclipse

sun / moon : eclipse

sumi-ink on paper

2009

oil / water

oil / water

sumi-ink on paper

57×76.5cm

2014

まるいこだま / Kodama

東日本大震災をきっかけに両面文字でかいた、"ありがと;(=う)" / "thank you;"。当たりまえなどない、今この瞬間が「在り難う」。

まるいこだま – ユングの眼鏡

まるいこだま – ユングの眼鏡

墨、アクリル、金箔、樹脂、木板 sumi-ink, acrylic, gold leaf, resin, wooden board

2011

まるいこだま

まるいこだま

墨、アクリル、金箔、木板  sumi-ink, acrylic, gold leaf, wooden board

20×20×1cm

2011

月のうさぎ / Moon Rabbit

月のうさぎはお釈迦さまの前世の姿、心がふるえた幼少の日にもどりDual Letterでかいた。

Moon Rabbit / Golden Full Moon

Moon Rabbit / Golden Full Moon

墨、金箔、樹脂、木板 sumi-ink, gold leaf, resin, wooden board

20×20×1cm

2006

Moon Rabbit / Bluel Moon

Moon Rabbit / Bluel Moon

墨、アクリル、ミクストメディア、ガラス、樹脂、木板 sumi-ink,acrylic, mixed media, glass, resin, wooden board

20×20×1.2cm

2006

Heart Sutra

9.11への鎮魂の意をこめてDual Letterでかいた般若心経Heart Sutra。

Heart Sutra / cracking

Heart Sutra / cracking

墨、アクリル、樹脂, 木板 sumi-ink, acrylic, resin, wooden board

20×21cm

2003

銀座松屋で東日本大震災直後に行われたチャリティイベントのシンボルイメージとなった。

Heart Sutra / screw-3

Heart Sutra / screw-3

墨、アクリル、樹脂, 木板 sumi-ink, acrylic, resin, wooden board

36.5×27cm

2003

Dual Letter / 両面文字

 祖父が歌人であったこともあり、和歌を英訳しても、そのリズムや心が損なわれないような文字の表現をもとめて書を学び、西のカリグラフィと、東の書のはざまから、両面文字Dual Letterがうまれた。  両面文字とは、日本語と同義のアルファベットで文字を再、築した、日本語と英語どちらでも読める文字である。漢字、ひらがな、カタカナ、数字が混ざった日本語独特の表記そのもので、視覚的なリズムが伝えられるのではないかと考えたからだ。  手で文字をかく、言葉をかくことをとおして、自分の外にある未知の物事を内にとりこもうと、枕草子、般若心経、詩文散文いろいろ両面文字に翻字し、作品化した。

Feeling some difference between English traslation and the original poems of her poet grandfather, she created a unique writing system called the Dual Letter. Combining synonymous English and Japanese words as a trial to bridge east and west.

Dual Text / Ductus

Dual Text / Ductus

silkscreen, ed.45

76.5×57cm

2001

枕草子 / Pillow Book-L

枕草子 / Pillow Book-L

墨、アクリル、キャンバス

213×280cm

2001

Bronze Letter-枕草子

Bronze Letter-枕草子

水彩、ミクストメディア、紙

14×18cm

2001

東京23区 / Tokyo 23 wards-L

東京23区 / Tokyo 23 wards-L

墨、アクリル、キャンバス

145×107cm

1999

枕草子 / The Pillow Book-blottering-S

枕草子 / The Pillow Book-blottering-S

墨、アクリル、紙

14×18cm

1998

Soba / Salaryman

Soba / Salaryman

墨、インクジェット、紙

20×20cm

2002

The Pillow Book / Amime

The Pillow Book / Amime

silkscreen, ed.44

76.5×57cm

2001

2001年9月にユナイテッド航空の機内誌表紙に掲載されていた作品。

Nightingale

Nightingale

silkscreen, ed.30

76.5×57cm

2006

アンデルセン『ナイチンゲール』, text from "Nightingale" Hans Christian Andersen.

Devils-1

Devils-1

silkscreen, ed.30

76.5×57cm

2006

ドストエフスキー『悪霊』, text from "Devils" Dostoevsky.

草枕 / The Three Cornered World

草枕 / The Three Cornered World

墨、オイルパステル、紙

113x1650cm

2008

Bones

Oracle Bone

Oracle Bone

彫込み朱墨、牛骨

35x22x7cm

2000

狂牛病 / Mad Cow Desease

狂牛病 / Mad Cow Desease

彫込み朱墨、牛骨

25×5×5cm

2001